あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

派遣の仕事の仕組みと就職

派遣社員として仕事につく場合は、正社員の仕事とは違います。

正社員として就職する時と同様に、履歴書や職務経歴書は必要ですし、面接もあります。

とはいえ派遣会社は試験をしているわけではなく、登録と言う作業になるからです。

有り体に言うならば、派遣会社では試験を行って合格や不合格を決める場所ではありません。

登録を行った人のスキルや経験などを見て、派遣会社では条件に合う人を会社に派遣しています。

派遣会社が紹介した会社に行くことで始めて仕事先の人と顔を合わせ、働くことになります。

普段の仕事と派遣の仕事の差として大きな点は、派遣労働者の雇い先は派遣会社ということです。

派遣会社に雇われているままの状態で、派遣先の会社に行き、その会社の指示に従って仕事をするわけなのです。

派遣会社では、登録者の技術向上のための講座や資格取得のガイダンスなどもあり、一概に派遣で仕事をすることがデメリットばかりとはいえません。

正社員の雇用を求めて就職活動をしていては入れない業種でも、派遣社員でなら働ける場合もあります。

最初は派遣でも、見込まれれば正規雇用の可能性もある会社も存在します。

就職活動の長期化が見込めそうな場合は、派遣として仕事を得ることも検討してもいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事