あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

肌の保湿ケアにはセラミドを

肌表面を、クリームや美容液の油分でケアするのが肌の保湿というものです。

水分を肌から逃がさないことだと思っている人が多いのではないでしょうか。

美容液や美容クリームによって肌の表面がカバーされているのではないのが、事実なのです。

細胞間脂質という成分が外部の刺激から保護する役割を担っています。

肌の保湿のために重要なのは、細胞間脂質を補うことです。

セラミドは細胞間脂質の中でも特に大事な成分だといえます。

角質層と皮膚の間に存在する接着剤のような存在が、セラミドです。

肌の保湿はセラミドがまんべんなく細胞間に存在していれば、キープすることができます。

乾燥肌や敏感肌は、このセラミドの量が少ないことが原因だとされています。

セラミドは加齢や空気の乾燥、洗顔のしすぎなどで減少します。

セラミドを体内へ補給するためにおすすめなのは、サプリメントで小麦や米の胚芽、セラミド成分が配合されたものを使用することです。

保湿クリームやローションでセラミドが配合されたものを使うのが、肌へのセラミド補給にはおすすめです。

成分表示に書かれている数字が、セラミド1、セラミド2、セラミド3などといったものが正しいセラミドだということです。

ほとんど湿度がないところでも乾燥しませんし、零下の環境下でも凍らないのが、十分にセラミドでカバーされた肌だといえます。

広く知られているのが、肌の保湿が重要なことです。

自分で納得のいくまで、どのようなスキンケア方法が肌の保湿に効果があるのか、しっかり調べることが重要でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事