あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

住宅ローンと変動金利のメリット

固定金利より金利が低い変動金利で住宅ローン融資を受けたいという人はかなりいます。

利息が増えないようにしたいなら、低金利の時や金利推移が下がり気味の時の変動金利は適切な方法です。

金利というのは半年に1回見直しがあり変動します。

一般的には固定よりも金利が安くなっています。

変動金利を選択すると、金利推移が急上昇する時に返済能力を超えた金利上昇があるのではと危惧する人もいます。

金利推移が大幅にアップし、返済金額の大きな増額が見込まれる時のための上限金利特約という制度があります。

上限金利特約は、金利が変動して上昇しても決められた上限は超えないということを条件に盛り込んだものです。

この特約は、金利が低い時に変動金利で借り入れる時につけます。

どれだけ増えても、金利はこれ以上多くならないという数字が保証されるわけです。

低金利も使うことが出来、金利が上昇した場合も、一定の率以上は上がらないため、安心して住宅ローンを組むことが出来ます。

固定金利か、変動金利か、住宅ローンを利用する時は必ず決めなければなりませんが、どちらがいいかわからない人は少なくありません。

ミックス型という、変動金利と固定金利を合わせた住宅ローンで、両方のいいとこ取りを狙う返済方法も存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事