あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

銀行系のカードローン

銀行系のカードローンは、最近はCMなどでも見る事が多くなりました。

銀行資本が関係しているカードローンであるということが、ローンの申し込みをする顧客からすると安心を与えられるようです。

カードローンとキャッシングは、どういった点で異なるのでしょう。

カードローンというのは、基本的に毎月一定の金額を支払うという、リボルビング方式を使っています。

高いものを買っても返済が跳ね上がることはないので、金銭管理が比較的容易になります。

キャッシングはリボルビング払いではなく、一度にまとめて払います。

利息も、カードローンより高い金利に基づいて算出する傾向があります。

キャッシングとカードローンの差異を意識してカードを選ぶ人は、案外少ないようです。

どちらも似たようなものであり、商品名の違いくらいに捉えている人もいます。

銀行系カードローンのほかに、消費者金融系や信販系のカードローンありますので、経験がない人はどこがいいかわからないこともあります。

銀行系カードローンに限定せずとも、他の金融会社でも十分信頼度が高く、金利面もいいところはあるようです。

銀行系カードローンの強みは、やはり銀行という存在が及ぼす安心感と、金利が低い傾向があること、そしてまとまった金額のローンが申し込める点です。

カードローンには色々なバリエーションがあり、長所や短所がそれぞれ違います。

どんな使い方をするかをイメージしながら、銀行系に関わらず使いやすいカードローンを探しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事