あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

銀行系のカードローンのデメリット

カードローンを銀行系の金融会社から利用することで、金利や貸付金、安心度という面では有利なことも多いですが、反面気をつけたいことも存在します。

審査にパスしなければカードローン融資は受けられませんが、この融資がカードローンは難しいといいます。

比較的審査が緩い消費者金融系では、パートやアルバイトの収入があれば、安定してなくても審査には通るといいます。

銀行系カードローンでは、アルバイトやパートの収入では融資を行うにはリスクが高すぎると判断されます。

申込み時の借り入れ以外に、他の金融機関での借金がある場合には、審査に通るのはさらに難しくなる傾向があるようです。

銀行系のカードローンでは、時間をかけて審査をするため即座の融資ができないことがあります。

銀行系のカードローンは、利用限度額が高く設定されていることが多いようです。

高額の商品を購入する時に使用する事ができるので大変便利ですが、申込み時の審査が他のカードローンに比べて複雑になっている場合が多いといいます。

審査にはある程度の時間がかかることは覚悟する必要があるでしょう。

できるだけ早くお金が必要としているならば、銀行系以外のカードローンが向いているかもしれません。

少しでも金利面が有利なカードローンを使うことは、言うまでもないことです。

金利は何%か、申し込みから審査までどのくらい待つのか、いくらまで借りられるかなど、銀行系カードローン以外の金融会社も情報を収集して借入先を決めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事