あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

リバウンドしない減量のヒント

リバウンドしないで減量するためには、食事制限だけではなく運動も取り入れた減量が理想的です。

減量時にはなぜ運動が必要かというと、運動をすることによって筋肉量を増やし基礎代謝を上げる事ができるからです。

基礎代謝というのは、1日に必要な消費エネルギーの事で、例えば椅子に座っているような、体を動かさない状態でも消費されるエネルギーです。

基礎代謝は筋肉量に比例する為、普段から運動をしている人は、運動不足の人に比べて基礎代謝が高くなる傾向があります。

食事の量を減らす減量をする際は、同時進行で適度な運動をすることによって、ダイエットの効果が出ます。

1日に30分のウォーキングやダンベルを一週間に1、2回行うだけでも、ダイエットへのいい効果はある可能性が高いといいます。

減量のために食事量を減らす時には、体に必要な栄養素は確保していること、摂取カロリーを減らすだけでなく適度な運動で消費カロリーを増やすことでリバウンドを防ぐよう心がけます。

食事制限によってたんぱく質が不足しないよう、低カロリーで高タンパクなささみや豆腐を上手に食生活に取り入れてください。

減量の際にたんぱく質が重要な役割を持っている理由は、代謝向上のために筋肉を増やす材料になるのがたんぱく質であるためです。

減量の際のリバウンド対策には、ストレスを蓄積されない工夫も重要です。

ストレスが蓄積されると、ヤケ食いやドカ食いの機会が増えがちです。

満腹中枢が働きにくくなり、リバウンドの土壌になります。

減量をする時にはストレス対策を講じておくことも、リバウンド予防になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事