あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

劣後ローンと劣後債

中小企業に向けた劣後ローンは資本の強化にもつながり、企業の経営悪化を阻止する効果があります。

どんな会社でも投入できるわけではなく、企業の将来性なども加味されて融資されるものです。

文字通り、ローンである以上、劣後ローンは返済の義務があるものです。

高金利ですが、企業向けのローンのため個人で利用することはできないのが、劣後ローンです。

代わりに最近では劣後ローンに似た性質を持つ債権を個人で購入し、資産運用として利用する人が増えているそうです。

債券の中でも劣後債と呼ばれるものは、劣後ローンとほぼ同じ性質で一般向けの社債の一種だそうです。

大手の証券会社や銀行を中心に発行している、個人向けの金融商品です。

優先順位が劣後債は他の債権と比べて低いので、会社が万一倒産した場合保護されない債権となっています。

戻ってくることはおそらく無いでしょう。

政府の管理下に置かれた場合は保護されますし、保護されない分利率も高くなります。

リスクが株式よりは低い商品であるという特徴が劣後債にはあるといえます。

実際大手銀行が発行する劣後債は、経営が悪化しても政府の管理下に置かれるケースがほとんどです。

ある意味安心であるともいえるのは、倒産はまずないからです。

利率もかなり高く中には3%以上のものもあるので、劣後債は販売してもすぐ売れ切れるといいます。

劣後ローンと共に人気の金融商品でもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事