あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

栄養剤の注意

栄養剤は薬とは違うとはいえ、身体に必要な栄養を補給する為のものです。

栄養剤を飲む時は、液体タイプでなければ水やぬるま湯で飲む必要があります。

カフェイン飲料で栄養剤を摂取すると、お茶の中に存在タンニンが栄養剤の成分と結びつき、胃や腸からの吸収を妨げます。

せっかくの栄養剤の成分の吸収が悪くなるようです。

お茶以外にも、栄養剤をアルコールやジュース、牛乳などで飲もうとする方もいますが、栄養摂取がうまくいかないこともありますので注意をしてください。

1日の使用回数や分量、飲む時間などはそれぞれの栄養剤で違います。

容器や包装に書かれている内容を参考に、誤った使い方をしないように気をつけましょう。

栄養剤の利用の仕方の記載が無い場合には、空腹時に飲むようにします。

空腹時の方が満腹時と比べて、栄養の吸収がされやすくなります。

栄養剤の中には、カフェインが含まれるものがあります。

胃弱の人などはこの場合は、空腹時ではなくて食後に飲むと胃を刺激しないですみます。

最近では、数え切れないほど多くの栄養剤が店頭に並んでいます。

目移りしてどれがいいか決めかねる時は、お店で相談するのもいい方法です。

別な薬と栄養剤を一緒に摂ったために頭痛が悪化したという人もいますので、相性問題は無視できないものです。

扱いが簡単ですぐに栄養が補給できるといっても、栄養剤はあくまでその時だけ使うものです。

できれば、毎日の食事で偏りのない栄養摂取を続けていきたいものです。

調子が戻ったら栄養剤に頼らず、食べるべきものを食べる習慣をつけていってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事