あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

プラセンタの動物由来の原料について

注射や栄養補助食品として人気があるプラセンタの原料は胎盤エキスです。

プラセンタの原料にはどのような胎盤が使われているのでしょう。

胎盤は哺乳類に特有の部位ですので、必然的にプラセンタの原料は哺乳類になります。

プラセンタの原料は用途になって異なります。

病院で、更年期障害の症状を治療するためにプラセンタを使う場合、原料は人間のものになります。

安心して使える成分を求めるならば、人間に使うものは人間の胎盤エキスから抽出する方が理に叶っています。

とはいえ人間の胎盤を使うことは難しい面もありますので、他の哺乳類の胎盤から得たプラセンタが栄養補助食品やスキンケア用品には使われています。

牛の胎盤を原料にしたプラセンタが従来はよく使われていましたが、プリオンという狂牛病の原因物質が存在することから今では使用が認められていません。

最近では、プラセンタの原料には豚の胎盤を使っているといいます。

両者をそれぞれサプリメントや化粧品に使った時の差はごくわずかのようです。

人間由来のプラセンタと牛や豚のプラセンタとを比べてみると、安全性や効果は違いがあるようです。

豚の胎盤エキスから作ったプラセンタでも、美容や健康効果は期待できます。

プラセンタは、何を原料に用いたかによって人体への影響が異なっていると考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事