あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

プラセンタの原料について

健康雑誌や、美容関係を取り扱う記事で最近よく目にするのがプラセンタです。

プラセンタとはどのような原料でできているのでしょう。

コラーゲン同様、肌のアンチエイジング対策にサプリメントやプラセンタ注射が登場し人気を集めています。

プラセンタの原料はあまり知られていないようですが、そもそもプラセンタとは胎盤という意味の英単語です。

ただし、化粧品やサプリメントに含まれているプラセンタの原料は胎盤ではありません。

胎盤の成長因子や、細胞の分裂を助ける栄養成分を取りだしたものが使われています。

胎盤エキスというこの成分が細胞分裂を促進させる作用を持っており、プラセンタに使われます。

胎盤を使ったサプリメントや美容商品というと意外に思われる方もいるようですが、胎盤エキスは健康や美容に役に立つ成分です。

胎児が順調に育っていくには、胎盤の存在が欠かせません。

プラセンタも赤ちゃんが健やかに育っていく上では必要不可欠な成分だといえるでしょう。

原料にも様々な効果が期待できます。

特に肌の成長因子を作り出すため、肌の再生作用や美白効果が期待できるといわれています。

プラセンタは原料が胎盤であるためホルモンバランスを整える効果もあります。

婦人科を中心に更年期障害の治療薬にも使われ、安全性も高いといわれています。

精神的な不安定さやうつの症状に対しても、自律神経の乱れを直すプラセンタが効果があるとされているようです。

まさに女性にとって強い味方になってくれる成分がプラセンタなのです。

女性にとって有用な効果が期待できるプラセンタが、女性にしか作れない胎盤にある成長因子を原料とするという相関関係があるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事