あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

就職の赤本は就職活動の必需品

これから就職活動を開始するという人にとって、就職の赤本は必須の存在です。

ですが、就職の赤本の内容を全てそっくり真似ていては、弊害が生じる可能性もあります。

就職の赤本に書かれていることだけを、全て遂行すれば採用されるということはありません。

就職試験は学校で受ける試験とは異なり、答えは一つではありません。

同じ就職試験の問題であっても試験を受ける企業によって正解が違ってくることもよくあります。

面接での理想的な受け答え方についても就職の赤本には記載されていますが、各企業の人事担当者はそういった答え方を評価しないかもしれません。

会社によっては、就職の赤本に勧められている通りの態度と回答内容をする人に、好印象を抱くこともあるでしょう。

ですが、同一の回答をしても、他の会社では答えに独自性が感じられない、通り一遍すぎるなどの印象を抱いて採用を見送る場合もあります。

就職活動に取り組む時には、人対人の場では絶対的な答えは存在しないことを踏まえた上で、就職の赤本に書かれたことだけを鵜呑みにしすぎないように発想を豊かにすることです。

最近では大手企業のほとんどが、就職試験に専門の人材コンサルタント企業を利用しています。

面接官も企業の社員ではなく、その道のプロが対応していることも多く、彼らは赤本を出版している会社の社員である場合もあります。

就職の赤本に頼り切って面接をくぐり抜けようとしている人は、赤本を作ったその道のプロフェッショナルに気づかれてしまうでしょう。

自分の頭でものを考えられる人間だと思ってもらえるようにするなら、就職の赤本をそのまま使っては逆効果です。

就職の赤本をそのまま鵜呑みにするのではなく、あくまでも自分の力と熱意で試験に臨まなければ、希望の会社には就職できないと考えて、しっかりと事前準備をする必要があります。

就職活動を成功させるためにも、就職の赤本に書かれていることを読み込んだ上で自分なりに判断を下すというスタンスで取り組むようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事