あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

職業マップをご存知ですか

職業マップというものをご存知でしょうか。

職業マップは、どういった仕事が適職なのか決めかねているという人が、仕事について理解を深める役に立ってくれるものです。

文字通り、職業をマップに表したものなのですが、見たことがない方にはピンと来ないのではないでしょうか。

職業の数は相当数があります。

自分に合う職業を探す前に、職業には何があるかを知るだけで一苦労ということがあるようです。

数え切れないほどの職業の全てを把握し、かつ、どの職業とどの職業が業種として近く、どの職業がかけ離れているかわかる人は限られているはずです。

つまりそれは、世の中の職業を満足に知らないまま職業の選択を行っている方がほとんどだということを意味していると言えます。

この仕事は自分にぴったりだと思って選んだにもかかわらず、仕事を続けていると徐々にギャップが出てくることもあります。

より自分に合う仕事が実際には存在していたのに、知らなかったためにそのことに気づけず、結果的に職業と希望とのミスマッチを招いてしまったということもあります。

不景気の中でやっと就職できたにも関わらず、短期間で転職しなければならないような状況に陥らないようにする為にも、職業マップの活用をおすすめします。

職業マップに載っている職業の、それぞの名前や位置、距離、関係性などを見ることで、より自分に合う仕事に当たりがつけられます。

職業マップは、アメリカの職業分類で用いられてきたDPTという考え方を基準として職業を分類しています。

仕事をするということは、何らかの対象に働きかけを行うことです。

職業マップでは、それら働きかける対象によって大まかに職業は3つに分類されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事