あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

職業マップの使い方について

学校によっては、小中学生の学習に職業マップを用いていると言われています。

幼い頃から将来の職業を見定めておくと就職しやすい職業もありますし、小学生の頃に職業に対する理解を深めておくことによって、自分がなりたい社会人像を描くこともできます。

小中学生のポテンシャルを大事にするためには職業に関する選択肢を与えることも重要ですが、そのための知識を与えることも必要なことだといえます。

職業マップを用いた授業の進め方には幾通りかのパターンがあるのが特徴です。

職業マップを使って子どもたちが学ぶことは、職業は単独では成り立っておらず色々な職業が相互に関わり合っていること、それらの職業の種類は膨大な数に昇るということにあります。

プロスポーツ選手は、子どもがなりたがる人気職業の上位を常に占めていますが、運動が得意な子が全てプロ選手の道を歩けるはずはありません。

プロの選手になることが困難でも、職業マップでスポーツに関係する仕事がたくさんあることは見て取れます。

自分の適性は選手なのかそれ以外のスポーツ関係の仕事なのかという視点も持てます。

今まではなかった新しい職業を、職業マップを見ることで子どもがつくり出すということもあります。

職業マップは、決まりきったものでは無く、時代とともに常に変化していきます。

新しい職業が職業マップに入ることも多いですが、忘れられていく職業やなくなってしまった職業も存在します。

中には社会の需要があっても、知名度が低く後継者が育たなかった職業もあるようです。

職業マップを参考に職業に関する知識を深めることは、働く側だけでなくその職業に既についている人が人を求める時にも役立ちます。

子どもの学習に使うだけが職業マップではなく、今から仕事を探そうとしている人や、転職活動中の人にとっても、職業探しの指針になってくれるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事