あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

キャッシングのための審査の内容

キャッシング会社によって異なるのが、キャッシングのための審査の内容なのですが、実際どのような内容なのでしょう。

どのような内容について具体的に、キャッシングをするための審査において、キャッシングの申込みをした人のことを調べるのでしょうか。

信用情報の確認を申込みをした人について行うというのは、信用に足りる人物かどうかキャッシングする人について審査します。

審査が信用情報についてされるというのは、登録をキャッシングを希望する人がした内容だけでなく、過去のキャッシング履歴も審査対象となります。

信用情報センターで照会されるのが、今までのキャッシング借り入れ高や返済状況等の情報だそうです。

キャッシング会社が利用してる個人信用情報機関は現在5つあるそうです。

それぞれの個人信用情報機関は業態別に棲み分けがなされています。

キャッシングを希望する人に、どのくらいの金額を貸すかを決めるのが、属性スコアリングの決定というものです。

スコアリングの基準としては、非常に細かい点までが審査の対象となるそうで、年齢、性別、年収だけでなく、勤務先、勤続年数、加入している保険内容、持ち家かどうか、自宅に電話があるかなどを調べます。

在宅、在籍の確認では、キャッシングを希望している人の情報に間違いがないかどうか、連絡がきちんととれるかどうかの確認が行われます。

在籍の確認といっても、申込みをしたらキャッシング会社の人が直接自宅や勤務先に来るわけではないので心配はいりません。

登録した電話番号に知り合いのふりをしてキャッシング会社の人が電話をしてくることはあるようです。

キャッシングが可能になるのは、キャッシング会社による申込みをした人の情報を審査した上でクリアしたときなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事