あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

クレジットカードの審査

成人し定職に就いていれば誰でも必ず1枚は持っていると言われているクレジットカード。

使用金額に応じてポイントがたまったり、現金を持ち歩く必要がないということもあり、多くの人がクレジットカードを複数枚持っているようです。

外国では特にクレジットカードは生活の必需品としてだけに限らず、利用が本人の身分証明書としてもされることもあるそうです。

クレジットカードをかならず持っていったほうがいいのは、海外旅行に行くときです。

商品の購入時だけでなく、旅行時にも便利なクレジットカードですが、所有するためには必ず、クレジットカード会社の事前の審査に通る必要があります。

一般的なクレジットカードであれば、ほとんどの人が問題なく審査に通り所有することができます。

ゴールドカードやプラチナカードと呼ばれるクレジットカードは、収入や仕事内容などの審査条件が、クレジットカードの中でも高い傾向にあるそうです。

クレジットカードの申し込みを、勤め先や給与によって断られるケースもけっこう多いといいます。

申込み時には、過去のクレジットカードの利用履歴や返済状況などもチェックされ、重要な審査のポイントになるといいます。

支払いを滞納したことのある人や破産経験のある人は、いわゆるブラックリストに載っていることも多く、ほとんどの場合、申込み時に断られてしまうといいます。

クレジットカードの審査に一度通らなかった場合、そのクレジットカードと同じ系列の会社に申込みをしても、しばらくは審査になかなか通らないと言われているようです。

安定した収入が社会人になることであれば、クレジットカードを誰でも所有することができるようです。

一番大切なクレジットカードの利用方法は、審査に通る通らないで困惑する事にならないように、返済できる範囲内で借り入れをすることだといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事