あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

しわの原因を知ってから対策する

しわ対策をするには原因を知ることが重要です。

角質層が年齢の影響で厚くなると、表層の水分の保持力が衰えて水分不足に陥りがちになります。

目の近くの皮膚は薄く繊細なので、加齢の影響で乾燥が進みやすく、早急のしわ対策が入り用です。

肌の角質層の表面が乾くと、剥がれやすくなりひび割れてしまいます。

肌にひびができると、そこから肌の弾力性の元となっている保湿成分や水分が減っていきます。

弾力を失った肌にはしわが増えますので、肌にたっぷりと水分を与えたいところです。

お肌の新陳代謝を促進するには、寝るべき時間に寝て成長ホルモンの分泌を促します。

午後10時には寝るようにすることで、午前2時にかけての成長ホルモンの分泌がスムーズになります。

お肌を紫外線の影響から守る時は、主としてUVAへの対策を考えてください。

角質層の奥にある真皮層には保湿成分コラーゲンやエラスチンがありますが、A波はここまで届いて保湿成分にダメージを与えます。

コラーゲンやエラスチンを失った肌は乾燥が進み、目立つしわが目につくようになるだけでなく、お肌のたるみも増やしてしまいます。

紫外線から肌を守るような対策を講じるといいでしょう。

しわ対策を考える上では、食べ物を大幅に見直すことはないようです。

揚げ物や甘いものはほどほどにして皮脂分泌を抑えることを心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事