あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

ワキガを治療するための手術の方法について

アポクリン汗腺とエクリン汗腺の量で、ワキガの手術の方針は左右されます。

エクリン汗腺とアポクリン汗腺という2種類の腺から汗が出ることが、ワキガの匂いの理由になっています。

特有のワキガ臭は、この汗腺から分泌される汗が臭いを放つことによって成り立っているのです。

わきの下に汗をかいてそのままにしておくと雑菌が繁殖しやすくなり、においの原因になってしまう場合も。

脇の下にムダ毛が多いと多くの汗が溜まり、雑菌がますます増えやすくなります。

脇の下のムダ毛処理をしておくことである程度のにおい対策になります。

父親か母親のどちらか、あるいは片方がワキガの場合、遺伝によってその形質が子に受け継がれることがあります。

ワキのにおいを低減させるためのデオドラント商品も数多く販売されていますが、根本的に治療するためには、ワキガの手術をすることで解決します。

手術でワキガの治療を行う場合、においの元となる汗が分泌されないように、アポクリン汗腺を外科的な方法で取り除きます。

同時にエクリン汗腺や皮脂腺も除去するというクリニックもあるようです。

手術の痕跡を消し去ることはできませんが、メスの痕がワキの下のしわに紛れてわずかに残るだけという状態です。

また比較的症状が軽いワキガの場合は、メスを使った手術ではなく、カニューレによる吸引でワキガを治療する場合もあります。

ワキガ手術でカニューレ吸引を行うメリットは、汗腺を吸引で取り除く分、痕跡がわかりにくくなるという点です。

ボトックス注射によってワキガ手術を行うというやり方もあります。

ボトックスは多汗症の治療などにも使用される薬液で、注射によって患部に注入するため、メスを使う手術のような痕跡が残りません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事