あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

ワキガ体質と治療

体質によって、ワキガになる傾向が高いかどうかが決まります。

そのため、治療時には自分の体質を知っておくことが重要です。

両親のどちらか、もしくは両方がワキガ体質であるかどうか調べてみましょう。

遺伝によってワキガの可能性は高まります。

両方ともの親がワキガあれば確率8割で、片方の親がワキガであれば確率5割でワキガ体質になるといいます。

自分の両親がワキガ体質かは、ワキガ体質で治療を求める人ならとうに気づいているでしょう。

治療をしたいほどワキガが気になる人は、他人の体臭にも敏感です。

この他、ワキガ体質の見分け方には体毛の多さもあります。

毛深い体質の人はワキガ体質の可能性が高いのです。

これは、ワキガの理由となるアポクリン腺の数が、体毛の多さに関わっているためだとされています。

わきのアポクリン腺が多いと、ワキガの治療方法によっては余計に時間がかかる場合もあります。

ワキガ体質かどうかの見分け方に、耳垢の湿りがあります。

アポクリン腺は耳の穴の中にも存在します。

そのため、耳垢の湿り気は、それだけアポクリン腺からの発汗が多いことを意味しています。

ワキの下の発汗も多く、ワキガ体質の可能性が高いというわけです。

汗によって、衣服のワキの下のところに黄色っぽいシミができるかどうかも、ワキガかどうかチェックするポイントになります。

元々、アポクリン腺から出る汗は様々な成分が混合し白っぽい汗ですが、衣服につくとそれらの成分が反応し、衣類を黄色く染めるという性質があります。

このように、遺伝、体毛の濃さ、耳垢の湿り、ワキの下の汗じみなど、色々な要素によってワキガ体質を知ることができます。

日本人に比べてワキガ体質を持つ人が圧倒的に多い欧米人は、ワキガを問題視しておらず、治療を受けてワキガを解消しようともしないといいます。

日本におけるワキガの治療方法は各種あります。

手術以外にもレーザーや皮下組織吸引、超音波、ボトックス治療などがあり、多くの人が利用してワキガの治療をしているそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事