あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

ワキガの治療

ワキガの治療は何をすればいいでしょう。

日本人のうち約5パーセントがワキガの症状を気にしているといいます。

ワキガには色々な治療手段があります。

どのような理由でワキガなのかによって、適切な治療は違います。

普段はワキガが気にならない方でも、季節が夏になり汗をかきやすくなるとワキの匂いが気になり、ワキガを意識してしまいがちです。

8%の日本人がワキガを自覚しているという数字も存在しており、いかに多くの人がワキガなのかがわかります。

ですが、日本人の8%は世界全体から見れば少ない方です。

70%~90%の白人はワキガの症状があるというのですから、かなりのものです。

また、黒人は100%がワキガだといいます。

そのような影響もあり、海外ではワキガは病気と見なされてはいません。

ワキガを悩む人もほとんどいないため、治療でワキガをなくすという考え方がありません。

欧米人は日本人に比べて体臭がきついとよく聞きますが、ほとんどの人がワキガと言う事はとても意外です。

日本人がワキガを治療しようとするのは、そもそもワキガの匂いを発する人が少ないため、治療して匂いのない状態を目指そうとする傾向があるためです。

エレベーターや電車の中で、誰かの体臭が臭ってくることが気になるという経験は少なくありません。

日本人は自分のワキガにも他人のワキガも気づくことが多く、文化や価値観の上でも匂いに気を使う傾向があるといえるでしょう。

抗菌加工の家電用品や文房具、トイレやカーペットの除菌ができるスプレーなど、においの元を立つ商品が数多く販売されています。

不必要に体臭を気にして、ワキガの症状がないにもかかわらず体臭がコンプレックスだという人もいます。

匂いは目に見えず、はっきりした指針が身近にないため、一度思いこむとそうとしか考えられなくなってしまうこともあります。

まずワキガの原因や匂いの元を確認してみてください。

治療によってワキガの症状が気にならなくなるならそれも有用なことですが、自分でできる匂い対策だけで対応できることもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事