あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

クレンジングジェルの特徴

クレンジングジェルとはどういったものでしょう。

一般的には透明か、半透明のジェル状になっていて、中には手でこするとオイル状にすっと伸びるものなどもあります。

肌をこすらず、水や湯ですすぐことでクレンジングができるクレンジングジェルは、肌に優しいスキンケア商品です。

クレンジングジェルには、オイル型と高分子型の大きく2種類があります。

オイルタイプはクレンジングオイルと同じです。

水やぬるま湯で汚れをすすぎ流せるように、オイルの界面活性作用で化粧汚れや油脂汚れを乳化させます。

高分子タイプは、水溶性高分子を肌になじませて汚れを落とすという方法をとります。

クレンジングジェルは肌に必要な水分を残し、皮脂の乾燥を防ぐ作用が期待される商品です。

肌のくすみが気になる人や、脂性肌の人にクレンジングジェルは向いています。

使い心地がオイルとジェルでは全く違うため、オイルからジェルに変えると汚れが取れていないのではないかと思ってしまう人も多いようです。

肌のためには、肌のバリア機能を弱めたりたんぱく質を変質させるといわれる界面活性剤が入っていない高分子タイプのジェルがお肌のためには良いのです。

オイルとジェルは肌へのダメージが異なりますので、クレンジング選びでは見逃せません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事