あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

小顔ダイエットと骨格について

小顔ダイエットと骨格について。

顔には骨格があり、その土台となるのが頭蓋骨やあごの骨などです。

小顔、大顔とよくいいますが、まず基本になるのはこの骨格です。

顔は、頭蓋骨やあごのもともと顔を形成する骨が大きければ、人よりどうしても大きくなってしまいでしょう。

大きく顔の印象が変わりやすいのは、あごの骨の形です。

いわゆるエラの張っているあごの骨が横に広がっているような人は、そうでない人に比べると顔がどうしても大きく見られがちになってしまうでしょう。

顔が小さい印象を与えるのは、逆にあごの骨があまり発達していない人で、華奢な顔つきに見えるのがその理由です。

小顔ブームもあり、さまざまな小顔ダイエットが最近では話題となっていますが、大きく分けて小顔になるための方法は2つのダイエット方法があるようです。

まずはマッサージや特別な表情などで顔の筋肉を刺激し、引き締めることで小顔になるダイエット方法があります。

もうひとつの方法は、顔の周りのリンパをマッサージするというものです。

顔のむくみを血行を促進して取るためにリンパマッサージをするダイエット方法で、小顔効果を高めることができます。

顔はほかの体の部分と比較して、ダイエットしにくい傾向があり、どの方法も顔へのダイエット効果があるとはいえなかなか厳しいといえます。

体のダイエットと違い、顔の脂肪はもともと少ないので、ダイエット効果が出るのは、そのほとんどがあごの周りと頬に限られるようです。

顔の表情に違いが出て、顔が小さくなった印象を与えるというものがメインで、顔のサイズが劇的に小さく変わるようなダイエット方法ではありません。

大幅にサイズが小さくなるような小顔を手に入れたいのであれば、小顔のダイエットでは無く、骨格から矯正するのが一番現実的というのが実際のところのようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事