あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

キャッシングの審査と申し込み基準

キャッシングには審査がつきものです。

審査を通るための最低限の条件といえば、月々の安定した収入があり、18歳以上であることです。

収入は、年に200万円以下であれば審査に通ることは困難です。

キャッシング会社によっては、月々の収入が安定していれば、パートやアルバイトの勤務でも構わないことがあります。

キャッシングカードが受け取れるのは、審査でOKが出た人だけです。

クレジットカードを新規に作る場合にも、審査を受ける必要があります。

月々の安定した収入がない人は、クレジットカードは発行されません。

審査では、他の金融機関からの融資や過去の返済履歴もチェックされます。

現時点で返済中のお金はどのくらいかも、審査の際には注目されます。

一般的なキャッシングの審査としては、住宅ローンや車のローンについては審査への影響は比較的少ない、と言われてします。

しかし、他社からのカードローンやキャッシングを利用している人は要注意です。

現在は2010年6月に改正された法律により、キャッシングなどの新たな借り入れについては、年収の3分の1までの金額となりました。

そのため、他社からの借入金額の合計が高すぎるために、審査に通貨できない人が増加しています。

キャッシングやカードローンは便利なものですが、返済の負担などの注意点もあります。

キャッシングの審査に通り、融資を受けることが可能になっても、金利や返済条件などはよく検討してから借りてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事