あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

キャッシングの審査と不用なクレジットカード

私たちの生活を豊かにしてくれる存在として、キャッシングは重要な役割を持っています。

ただし、キャッシングを使うには審査に通る必要があります。

審査の基準は各キャッシング会社によって差があります。

いずれの場合も、届け出内容を確認し、信用情報を照会するなどの審査機関が審査を行っているようです。

審査では、過去の借り入れ内容を確認します。

返済は滞りなく済ませているか、遅延や返済不能の前歴はないかなどです。

過去に問題がなかったか調べ、勤め先や収入面などを確認するのが一般的とされています。

他社借入件数や返済中の金額がどのくらいかも、新たなキャッシングの審査に際しては大事な点といえるでしょう。

クレジットカードを複数枚持っていると、そのことが審査では不利になることがあります。

たとえほとんど使っていないようなクレジットカードであっても、持っているだけで審査に良くない影響がある場合もあります。

クレジットカードに、キャッシングの付帯サービスがついているものは特に気をつけてください。

返済が済んでいないキャッシング融資が幾らくらいあるかも、審査の条件となっています。

引き出しの中に眠ったままのクレジットカードがある人は、今後住宅ローンなどを組む前に廃棄できるようにすべきかもしれません。

キャッシングの利用金額は、2010年6月に法律が見直されたことで年収の1/3までと決まり、以前よりキャッシング審査に通りづらくなりました。

作っておきながら忘れているクレジットカードやキャッシングカードはないか、新たな融資の手続きを受ける前に自分の信用情報を確認して審査に通りやすい環境を作っておきたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事