あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

デンタルローンを利用する前に

もしもデンタルローンを検討しているのであれば、留意したいことがいくつかあります。

歯科医に通って歯の治療を受けていると、行くたびに少しずつ金額が変わり、累積すると高額になる場合があります。

デンタルローンが利用可能だったり、カード決済が使えるのであれば、歯の治療に関する費用も支払いを継続することができるでしょう。

数万円の医療費が、入れ歯や差し歯といった歯の大がかりな治療で発生するかもしれません。

インプラントを行い、歯を根本から人口のものにしようと考えているのであれば、1本10万円のコストがかかることを想定すべきです。

もしもデンタルローンが使えるのであれば、まとまった支払いが難しいという人でも安心してインプラントができます。

デンタルローンは信販会社やクレジット会社だけでなく、銀行や信用金庫でも利用できます。

銀行や信用金庫のローンは、他のローンに比べて、低金利で利用できる内容のものが数多くあります。

大体、5年ローン~10年ローンでデンタルローンを使うという金融商品が多いといいます。

デンタルローンの申し込みをする際には、歯科医院や通院している医療機関から出された、治療に必要な見積もりなどの資料を提出し、ローンの審査結果を待ちます。

既に銀行の口座を開いている人、給料振込口座などに指定していると、デンタルローンの貸付条件がより良い場合もあります。

デンタルローンの費用についても、他の医療費同様に高額医療費の控除対象になります。

もしも1年間にかかった医療費が10万円をオーバーした時は、制度を確認してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事