あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

紫外線対策を体の外からする場合

紫外線対策をなしがしろにしていると、そばかすやしみ、しわが増える可能性があります。

どんなことをすれば、紫外線対策になるのでしょうか。

紫外線対策の一つとして外からの対策を考えてみましょう。

紫外線の影響からお肌を守るため、帽子や手袋、サングラス、傘を活用しているという人は多いようです。

紫外線を通さないような加工が施されている洋服類も紫外線対策になります。

購入時に素材を確認して紫外線を通しにくいものを選べば紫外線対策となるでしょう。

服やグッズでは隠しきれない部分には、日焼け止め化粧品を使うとよいでしょう。

日焼け止め化粧品には、紫外線のエネルギーを吸収して熱に化学変化させて放出するものがあります。

皮膚につけることで、紫外線を散乱反射させ肌に届かないようにするクリームもあります。

紫外線対策成分の他に、耐水性や皮脂対策、乾燥やつっぱり感などに対するスキンケア成分や美白成分などが使われているようです。

日焼け止め化粧品には、紫外線をカットするだけでなく肌に優しい成分も含まれているのです。

防御だけでは日焼け止め対策は万全とはいえません。

毎日のスキンケアも欠かさずに行い、紫外線対策をさらに効果のあるものにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事