あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

紫外線の対策は年間を通して必要

紫外線対策は、一年じゅう行いたいものです。

シミやシワやそばかすなど、肌の老化の原因となる紫外線ですが対策はきちんとしていますか。

太陽の光の一部である紫外線は、目に見える光より波長は短いですが強いエネルギーを有しています。

太陽光線は、紫外線、赤外線、可視光線の3つに大きくわけることができます。

紫外線は肌にあたるとビタミンDを作ります。

赤外線は暖かく感じる光であり、可視光線は目で確認できる光です。

紫外線が皮膚で合成するビタミンDは冬の太陽の光でもことたりますし、食べ物で補充することもできる成分です。

紫外線は人体に必要なものですが、過剰にさらされすぎると良くない影響が出るので対策が必須です。

紫外線にはA、B、Cと3種の波長があり、それぞれ特徴が違います。

このうち、地球に届く波長はAとBの波長であり、一番害が強いCの波長はオゾン層から先は到達しません。

A波とB波はオゾン層を突き抜けて地表に届くので、対策が必要です。

B波は8月のオゾン層が減る時期が要注意です。

太陽光が高い位置から降り注ぐ5月頃は、UV-Aに対する警戒が必要です。

ただし、少ない時期といっても夏の半分は紫外線が届きます。

見た目の太陽の光が弱いからと、冬は紫外線対策をしないというわけにはいきませんので、一年中取り組みたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事