あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

紫外線や日焼けの防止効果

紫外線から肌を守る化粧品や、日焼け止めクリームなどによく書いてあるのがSPFの文字です。

SPFは、日本では紫外線防御指数という訳語があてられています。

サン・プロテクション・ファクターの英語の頭文字を取ってSPFといいます。

日焼け止め効果のあるクリームなどは、SPF10、SPF35といった書き方がされているはずです。

どのくらいの時間、紫外線による肌の日焼けを抑制してくれるかということがわかります。

SPF値が高めの日焼け止めクリームを使うことで、太陽光が何にも遮られずに地表を照らしている日でも外で日焼けをしないようにできます。

SPFだけでなく、PAという用語もあります。

Protection Grade of UVAのことで、こちらも紫外線対策商品に書かれている日焼け止め効果を表したものです。

紫外線A波に対する防御効果がこの数字から判断できます。

UVとは紫外線全般を示す言葉ですが、細かく見ていくとUV-A、UV-B、UV-Cという3種類になります。

UV-Aは主に生活している間に少しずつ肌にダメージを与える紫外線のことです。

肌が太陽の光で赤く日焼けする人は、SPF値が高い日焼け止めクリームが適しています。

PAが高い日焼け止めは、日焼けによって肌が黒くなる状態を避けることが可能です。

SPFもPAも紫外線を防ぐ日焼け止めには欠かせない数値なので、商品を購入する際にはしっかりと確認したほうがいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事