あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

紫外線と日焼け

太陽光に含まれる紫外線が肌にどのようなダメージを与えるのか、夏になればなるほど気になるものです。

近年では、長時間にわたって紫外線を浴び、日焼けが進行するほど将来的なシミやそばかすが増え、しわも深くなるといいます。

紫外線による肌の影響は普段から対処する必要があります。

日焼けを放置していてシミになると、そう簡単にはなくなりません。

UVカット機能付きのメイクアップ商品や高機能の日焼け止めクリームなど、紫外線対策商品が人気です。

実際常用している人もとても増えています。

紫外線による肌へのダメージは子供のうちからすでに始まっています。

オゾンホールの増加やオゾン層の減少などから、オーストラリアでは紫外線が直接地上に届いているともいいます。

紫外線のために皮膚ガンになる人が増えており、深刻な問題として扱われています。

かつては、適度な日焼けは抵抗力をつけて健康増進にいいとされていました。

この頃は、皮膚を守るためできるだけ日焼けはしないようにとされています。

成長期の子どもは、成長を促進しカルシウムの生成を助けるための日光浴は大事だと言われていますが、紫外線の問題も変わらず存在します。

紫外線対策グッズや日焼け止めローションなどを使って、肌を紫外線から守るようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事