あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

化粧品で紫外線カット

紫外線カットの機能を持つ化粧品が存在します。

太陽光線の中にどのくらい紫外線が含まれているのか、見えない光である以上、判断をすることができない点が難しいところです。

夏に海辺に出ていればすぐに赤く日焼けしてしまうので、紫外線が多いことも実感できます。

けれども、夏場だけでなくそれ以外の季節も、紫外線は地球に届き肌に影響を及ぼしています。

常に徹底したUVカット対策が必要なのですが、夏場と冬場、あとは天気によっても重要度は変わってきます。

UVカット成分が配合されている化粧品は、常日頃から積極的に使っていきたいものです。

洗濯物干しのために短時間ベランダに出ているだけでも、紫外線は肌に降り注いでいます。

窓辺では室内でも紫外線カットが必要です。

常にUVカット効果の高い化粧品を使っていれば何かと安心です。

かつての紫外線対クリームはベタついたり、つけた場所に白く粉が浮いたりということがありましたが、今ではそれらの問題はありません。

UVカット機能があっても、それ以外の化粧品と変わりはないようです。

通常紫外線をカットできる強さはSPFの数値が大きいものほど効果が高いと言われています。

日頃から用いる化粧品や冬の紫外線対策ではSPFはさほど高くなくても問題はありませんが、UVカットの機能がある化粧品を選択しておきたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事