あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

光脱毛のデメリットについて

光脱毛は痛みが少ない脱毛方法として人気がありますが、デメリットも少なからずあるようです。

安全な脱毛方法だといわれているのは、キセノンランプの光が光脱毛に利用されのですが、これは脱毛に適した肌に負担の少ない波長の光だからです。

安全な反面、レーザーによる脱毛方法と比べると、光脱毛に使用される光は弱いとも言えます。

肌の質や毛根の状態によっては、あまり脱毛効果が得られない場合も、光脱毛の光は肌に優しいのであるかもしれません。

光脱毛は肌に優しいという点は、最大のメリットではありますが、ごく稀にダメージを受けてしまう場合もあるようです。

光脱毛の光は肌への負担が少なく、他の脱毛方法に比べると肌に与えるダメージは受けにくくなっていますが、敏感肌やアレルギーなどの肌トラブル等の脱毛以外の理由で、やけどや水ぶくれが起きてしまう事もあります。

光を当てる事により、毛根がダメージを受けて毛が再生するのが遅くなり、最終的には毛が生えなくなるという理由で脱毛できるのが、光脱毛というものです。

光脱毛による処理は、生えている毛に対して効果がある脱毛方法であり、休止期といわれる毛がない状態の場合は効果が期待できません。

毛周期というものがある毛は一本一本の毛周期は異なっているので、たとえ近くに生えている毛だとしても成長期、退行期、休止期とすこしずつずれています。

光脱毛の効果は成長期の時の毛にはありますが、あまり後退期や休止期にある毛に対しては、効果があるとはいえないといいます。

光脱毛によって脱毛処理をする際は時間もかかる傾向があります。

1~2ヵ月おきに毛周期のばらつきを考慮して毛の状態をチェックしながら脱毛をしていく必要があるからです。

いろいろなメリットがある人気の脱毛方法であるのが光脱毛ですが、多少なりともデメリットもあるので、いちばん自分の肌の状態に適した脱毛方法を選択することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事