あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

頬のたるみを改善するには

頬のたるみを目立たなくするマッサージやストレッチに取り組む人は少なくないようです。

エステにもたるみ対策コースがあります。

表情を作る筋肉を鍛えて皮膚を支える力を強くしたり、たるみを解消するマッサージをすることで、家でも頬のたるみ予防ができます。

表情筋を伸ばしたり縮めたりすることで表情ができますが、使っている表情筋はわずか30%ほどです。

人体の筋肉は、使わない部分ほど年齢と共に弱体化します。

表情筋を鍛えることは顔のたるみの解消に有効だと考えられています。

口のはじと頬に力をこめ、上に上げる運動が頬のたるみ対策になります。

まずは右側だけの頬と口元をあげます。

数秒経ってから、左がの頬と口元を同様に動かします。

頬のたるみには、右と左でおのおの10回ずつ取り組むことが有効です。

リンパマッサージによって滞っているリンパの流れを良くし、不要な成分を体外に出してむくみを取る方法もあります。

リンパ腺は顔にたくさんあるので、リンパマッサージによってむくみが消え頬のリフトアップ作用が得られるといいます。

頬を含めた顔全体のたるみ解消方法としての表情筋を鍛える運動やリンパマッサージを毎日少しずつ継続して続けましょう。

頬のたるみは、早いうちから対処しておくことで5年、10年経ってからの状態が全く違うものになると言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事