あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

頬のたるみの原因

頬のたるみは肌のハリがなくなったことが原因だとされていますが、これは加齢による体の変化の1つだといいます。

肌の弾力とは、真皮層のコラーゲンに依存しています。

人間の体はある程度は自前でコラーゲンを作ることができますが、年を取るとコラーゲンの量が減り、たるみの原因になります。

加齢と共にコラーゲンが作られづらくなるのは、年を取って血の巡りが悪くなったことから、皮膚の細胞に栄養が行き届かなくなるためだといいます。

老化だけが頬のたるみの原因ではありません。

イライラが募る日々や、長時間肌を紫外線にさらす生活をしていると活性酸素が多くなり、皮膚中のコラーゲン量を減らしてしまいます。

何らかの理由で脂肪がいきなり増えると、その重みをキープする皮膚の弾力や筋肉が足りずにたるみの原因になります。

いきなりのダイエットも要注意です。

劇的に脂肪が減ったことで皮膚に余分な部分ができてたるみになることがあります。

皮膚の張りが失われることによって顔の表情筋が垂れ下がることで起こる頬のたるみであると考えられます。

加齢で筋肉自体が減少することも頬のたるみとなるとされています。

身体のむくみも頬のたるみの要因であるとされています。

スキンケアをしっかり行わず、不要な水分をどんどん摂取していると体内に水が溜め込まれます。

これらがむくみの原因となり、むくんだ部分がたるみになります。

結果頬のたるみとなり、ブルドックの様な頬へとつながるとされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事