あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

半身浴とお風呂ダイエット

お風呂ダイエットには半身浴という方法があります。

半身浴とは、脇の下くらいまでお風呂に入り、腕から上半身は湯の外に出して浸かる方法です。

20分~30分はお風呂に入って、長時間体を温め続けることが半身浴のポイントです。

湯温は37度~40度と、ややぬるめです。

いつものお風呂より長時間ぬるい湯に浸かることによって、体を温め続けることが半身浴の特徴です。

ぬるい湯にしっかりと入ることで汗が出やすい状態になり、体が温まってデトックス効果も期待できます。

時間をかけてぬるい湯に入ることは、のぼせずに体温を上げ続けるという効果が期待できます。

湯あたりを起こさずにずっと湯に浸かることで新陳代謝が良くなり、エネルギーが燃えやすくなります。

体質が改善され代謝が高くなれば、体内のカロリー消費もアップしますので、それだけダイエットがしやすくなります。

お風呂ダイエットで半身浴を活用するメリットは、いくつかあります。

肩こりや冷え性、腰痛で悩まされている人は体内の血の巡りが良くないことがありますが、半身浴は血流を良くする効果があります。

体が温まる事により、毛穴なども開き、老廃物やその他の汚れをとる事ができて美肌効果もあるといわれています。

ぬるめのお風呂にゆっくり浸かってリラックスすることで、精神状態が安定し、リフレッシュ効果があるといいます。

その結果副交感神経が働き、自律神経が整います。

お風呂ダイエットは、安全でしかもお金を使わずにダイエットする事ができるのです。

ダイエットには、極端な食事制限や厳しい運動など、苦しく辛いことが多いという印象があるかもしれません。

しかしお風呂ダイエットで半身浴をすれば、心身ともにリラックスをして結果的に体重を減らすことができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事