あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

ブラックリストに載ると融資が受けられなくなる

ブラックリストに名前が載ると、以後の融資は絶望的になるといううわさ話が存在します。

ですが実際には、ブラックリストと呼ばれる名前のリストはありません。

一体どのような事情で、ブラックリストがあって融資が難しい人がいるという話になったのでしょう。

一般的に、ローン会社やクレジットカード会社は、申し込み手続きをした人の信用情報や利用履歴を信用情報機関に届け出ています。

信用情報機関に登録される内容には、返済を問題なく済ませたか、きちんと完済できたかなども含みます。

返済不能や延滞は事故情報として扱われ、融資の返済を遅らせたことがある人物として信用情報機関に残されます。

いわゆるブラックリストと呼ばれているものであり、融資が受けられなくなる要因となります。

このような事情なので、ブラックリストという帳面かあるわけではありません。

ブラックリストに入っているという表現は、信用情報機関に事故情報が記録されている状態のことを指しています。

ブラックリストに名前があると、融資を申し込んでも軒並み断られるといいます。

また、ブラックリストが原因でクレジットカードも新しく作れなくなります。

クレジットカードを持ちたくても持てない状態になったり、買い物をする時にショッピングローンが組めなくなったりと、ブラックリスト入りすると融資面ではかなり不利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事