あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

破産者の融資の方法

融資が必要な破産者はどうするべきでしょう。

やむをえない事情で破産はしたけれど、定職について月々の安定した収入を確保している破産者もいるはずです。

破産者となったことがあっても、金融会社から受けた融資を資本金として会社を持ちたいということもあります。

破産者でも融資を得るやり方としては、融資の名義人を家族にすることです。

破産者になった経歴がある人は、融資が認められたとしても借り入れ可能な金額がわずかなこともあります。

かつて借りたお金が返せなかった人に多額の融資をする会社は少ないでしょう。

破産者でも融資が可能だったという事実は慰められるものではありますが、それでも会社を作るための資本金に満たなければ当初の目的が達成できないでしょう。

そのため、家族の名義で融資を受けるというわけです。

名義を貸した家族の収入や職業、年齢などの信用情報に基づいた審査を受けることになりますが、それは当然の話といえます。

破産者自身が申し込みをするよりは家族に頼んだ方が借り入れがスムーズにいくので、この手法は比較的一般的なものです。

これは会社の話だけでなく、結婚や子育て、家や車を買うためにローンを組みたい時にもいえることです。

生活していると、一度や二度はまとまったお金が必要になる事があるものです。

破産者を経験すると融資の難易度が跳ね上がるといいますが、信用情報機関の保有する情報が消されていれば借入ができることもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事