あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

破産者の融資について

経済の低迷などの影響か自己破産者は増加中ですが、破産者への融資はどうなっているでしょう。

自己破産者になった後の融資について悩んでいる人が増えているといわれます。

連帯保証人になったため、多重債務に陥ったため、ローン返済の見通しが甘かったためなど、自己破産者の理由はそれぞれです。

自己破産者のデメリットは、信用を失って新規のローンが組めないだけではないようです。

資格を必要とする職業の一部は認められなくなります。

会社取締役や警備員、生命保険の外務員には、破産者はなることができません。

免責を受けることができまなければ、自己破産の状態は10年は継続することになります。

その人が破産者であるという事実は、データとして残っています。

審査の段階でチェックされてしまうので、新規の融資は困難でしょう。

破産者になったけれど融資は受けたいという人は、一体どのような方法を取れば融資が可能になるでしょう。

例えば、新たに会社を設立するために融資を必要としているのであれば、破産者を代表者とせず名義を家族や配偶者にするという方法があります。

確実なのは破産者のブラックリストからの消滅を待ってから融資を申し込む方法です。

破産者になった後、代表者を家族にするというものは別にして、ブラックリストからの消滅を待っても、融資を受けるのは簡単ではありません。

現在の収入がどうなっているかで、破産者でも融資が可能な金融会社も存在しているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事