あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

化粧の落とし方

メイク汚れを落とすために使うものがクレンジング剤ですが、とにかく化粧落としができればいいと考える人もいるようです。

一方、クレンジング剤は肌の刺激が強いものが多いため、できればさほど使いたくないと、化粧落としにほんの少ししかクレンジング剤を使用しない人もいます。

化粧を施す時間はしっかりかけておきながら、化粧落としはなさざりにしているという人は、肌に良くないことをしている可能性があります。

化粧落としは短時間で終わらせてしまいたいと思っている人は多いようですが、メイクがいつまでも肌残っていては、お肌を汚し続けるようなものです。

化粧落としの商品のほとんどに、界面活性剤が使用されていますが、界面活性剤は洗剤に含まれている、汚れを分解する成分です。

界面活性剤は、化粧汚れを落とすと同時に肌も傷めてしまいます。

界面活性剤を使っていないタイプのクレンジング剤で化粧落としをするというやり方を用いている方もいます。

ただし、界面活性剤が使われていないクレンジング剤での化粧落としは、使われているものより手間が必要です。

クレンジング剤をつけた手で肌を強くこする人がいますが、化粧落としどころか肌にダメージを与えてしまいます。

クレンジング剤で弾力のある泡を作り、泡で汚れを優しく浮かせて落とすのがポイントです。

化粧の汚れをクレンジング剤で落とし、界面活性効果の少ない石鹸でそっと肌を洗うのが正しいお手入れです。

化粧落としは一度で済ませたいと考える人もいるかもしれませんが、お肌のことを第一に考えるならば多少の手間はかけたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事