あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

キャッシングを申し込みする時は

キャッシングの申し込み方法には、店頭や無人契約機のほかインターネットの利用などがあります。

融資を受けるためには、キャッシングの申し込みが必要となります。

申し込み書類に必要事項を記入し、提示しなければならない書類を出して申し込みをします。

申し込みのために必要な書類には色々なものがありますが、借り入れ希望額か50万円より少ない場合は、免許証や保険証などの身分証明書があれば融資を行う会社が大半です。

店頭窓口まで行ってキャッシングの申し込みをした場合、利用限度額やそれらに付随する条件なども詳しく教えてもらえます。

審査が無事に終わるとキャッシングカードが発行されます。

今後、お金を返す時や次にまた借りる時、キャッシングカードを使います。

電話申し込みやネットでの申し込みをした場合も、審査に通過してからその結果や利用限度額について教えてもらえます。

キャッシング会社が発行するカードに関しては郵送で送ってもらうこともできますし、店頭や契約機で必要書類と引き替えに受け取ることも可能です。

多くの場合、このキャッシングカードを使って融資金を引き出し、そして返済金を振り込んでいきます。

振込口座を決めておき、融資を受ける時にはその口座に入れてもらうという手法もあります。

キャッシングの申し込みも簡略化が進み、多くの人が手軽にキャッシングを使えるようになりましたが、借りすぎには要注意です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事