あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

フェイスリフトのデメリット

フェイスリフトにはどういったリスクがあるでしょう。

フェイスリフトとは、顔のしわやたるみ対策に有効な美容施術です。

外科的な施術となるので、どうしてもさまざまな危険が考えられます。

皮膚をメスで切り、引き上げるフェイスリフトではメスの痕が必ず残ります。

可能な限りわかりにくく工夫をしますが、知っている人が見れば一目瞭然だといいます。

メスを使わないフェイスリフトよりも効果は非常に高いと言えます。

効果の高いフェイスリフトは、1週間経っても顔はむくんでいます。

顔をはがして、中の靭帯などを治すため、痛みもあります。

フェイスリフトには様々な方法があり、特殊な糸、リボン、プレートなどを皮膚の中に入れて皮膚を引き上げる方法もあります。

顔を切開しないことが多く、切ったとしても範囲が小さいようです。

ダウンタイムは非常に短く、翌日から仕事にいけたり、他人から気付かれにくい点ではより手軽なフェイスリフト法とも言えます。

切開しないフェイスリフトよりは、メスを使う方法より効果は低く、持続効果も5~20年くらいなど永久ではありません。

フェイスリフトは顔の神経を傷つけてしまう恐れもあります。

最悪、施術後表情が変わったり、まぶたが閉じにくくなることもあります。

できるだけ実績の多いクリニックで行ったほうが、フェイスリフトのリスクは少なくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事