あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

無担保の事業ローンについて

一般的に事業ローンで多いのは、第三者の保証人がいらない、そして無担保というものです。

借りる金額にも寄るようです。

審査に必要な書類なども、住宅ローンなどに比べると比較的少なく、短期間でお金を借りることが出来ます。

無担保の強みというのは担保として、不動産や預金などを提供する必要がなくお金を借りられることです。

借り入れ金額も少なく、金利も有担保事業ローンに比べると、高い傾向にあります。

最長借り入れ期間が短いなどのデメリットもあります。

無担保にするかどうかを事業ローンを組む場合に決めるときには、返済プランや、資金などをよく考えましょう。

実際に事業ローンを組むときには、ノンバンク系と銀行系との二つから選択することができます。

銀行系というのは返済期間も長めに設定でき、金利が低くいことが多いという点が、メリットです。

デメリットとしては、すぐに必要な場合は審査に時間がかかることが多く、間に合わないという事態になることがあげられます。

金利が高いノンバンク系は銀行系に比べると借りられる金額も少ないですが、短時間でお金を借りることが、審査の時間が短いので可能です。

事業ローンを組む場合、担保ありか、担保なしか、自分の用途に合わせて選びましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事