あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

事業者ローンを利用して開業する時

事業者ローンを利用して開業する時についてです。

開業する場合や、新しく事業を起こす場合には、ある程度まとまった資金が初期投資として必要です。

一般的に多いのは、開業資金の場合公的融資などを利用してそれをまかなうことです。

公的融資のデメリットは、金利が低い分、手続きや審査に時間がかかるということです。

民間の金融機関の事業者ローンを活用するのも、せっかくのビジネスチャンスを逃す恐れがあるのであれば、方法のひとつではないでしょうか。

開業資金には利用できない場合も事業者ローンの中にはあるので、気をつけなければなりません。

運転資金として、すでに開業している事業者が事業者ローンを申し込む場合には、直近の決算書を提出することになっています。

事業計画書などが必要となるので、新規の開業資金として事業者ローンを申し込む場合には、準備を前もってしておくことが不可欠となります。

申込者個人の債務状況も、審査の際にはチェックされるでしょう。

ほとんどの事業者ローンは、保証人には代表者本人がになるようです。

万が一住宅ローンなどの負債がある場合は、大切なのはできるだけ減らしておく事です。

民間の事業者ローンでも、キャンペーンなどで金利を優遇しているところも、最近ではあります。

特に開業時には、いろいろと準備に時間が掛かります。

事業者ローンについても事前に調べておけば、いざという時にもあわてずに済みます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事