あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

残価設定ローンのメリット

残価設定ローンを利用して新車を買うと、実際の金額より低価格で車が買えて毎月の負担額を減らすことができます。

自動車販売会社によって残価設定ローンの内容は違いがありますが、大体2年か3年後の残価に基づいて貸付条件は決まります。

ローン設定時の条件に基づいてディーラーに売却することで、残価ぶんはローンの対象外になります。

ボーナスの入った月だけまとめ払いをすることで、返済の負担を一層減らすことができます。

残価設定ローンを利用することで返済金額自体が少なくなり、頭金を減らすことができます。

人気車種は高い残価でローンが組めます。

まとまったお金は無いけど、人気の新車に安く乗れるローンでもあります。

こまめに車を買い換えて、様々な車を楽しみたいという人に残価設定ローンは適しています。

2~3年乗って、新しい車種に買い換えることができます。

最初は夫婦用に新車を購入し、3年後には家族用の新車を購入するなど、状況に合わせて変えることが可能です。

残価設定ローンで新車を購入したけれど、当初取り決めた期間を過ぎてもその車に乗り続けたい時は残価ぶんを支払えばOKです。

残価を払う時も一括ではなく、クレジットで無理のないペースで支払うことができます。

新車を購入する時に一旦は残価設定ローンを組んでも、下取りに出す時になってやはり使い続けることにするということもできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事