あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

残価設定ローンとは

車を新しくする時にローンを組む時、ディーラー側が残価設定ローンを提案することがあるそうです。

新車を買うためにローンを組む時に使うようになった新たなローンが残価設定ローンです。

自動車を買う時に自動車ローンを使うことがあります。

自動車販売会社が紹介するクレジット会社から融資を受け、ローンを払うという形が多いようです。

これまでは、ローンの契約時にまず頭金を払い、残った金額を毎月の決まった日に少しずつ支払うというものでした。

残価設定ローンの場合は、車の残価を支払い対象とせず、それ以外の金額をローンで返していくという形式を取っています。

残価とは、一定の年数後に残る車の価値です。

2~3年後に車を下取りに出すことを想定しています。

3年後の残価を150万円と見積もった新車を300万円で購入すると仮定します。

残価設定ローンでは、3年後にディーラーが150万円を支払って車を買い取るという状況を踏まえてローンを組みます。

購入者が支払いに際して払う金額は、新車の代金300万円から残価150万円を引いた残り150万円となります。

残価ぶんを支払いに含まずにローンが組めるのです。

毎月の返済額も安くすることができます。

ローンの支払いが少なくなれば、高価な新車も購入しやすくなります。

そのため、販売会社は熱心に残価設定ローンを顧客に紹介しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事