あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

住宅ローンを早く返すための計算

住宅ローンの計算は、高い金額になりがちです。

支払い期間をできるだけ長く設定することで、月々の支払いの負担を少なくすることができます。

しかしその場合、総返済金額は高くならざるをえません。

返済総額を低くしたいのであれば、ローンで借りたお金はできるだけ早く返済する必要があるでしょう。

家計に支障がない範囲で繰り上げ返済をすることで、かかるはずだった利息を節約することができます。

住宅ローンには特別減税など様々な優遇措置があります。

どんな方法での繰り上げ返済が有利なのか、よくよく計算をしてみるといいでしょう。

繰り上げ返済は完済までの期間を縮まることができますが、これはとても大事なことです。

全額返済まで10年以上かかる住宅ローンでなければ、住宅ローン減税を利用することは認められていません。

まとめ返済をする時は、住宅ローン減税のことも考えて計算しましょう。

余裕があり次第できるだけ早く返済を進めていくつもりがあるなら、変動金利制の住宅ローンがおすすめです。

金利が低く借りられる住宅ローンから借り、早め早めに返済していくという方法です。

住宅ローンの乗り換えを検討した方が総返済額を減らせることもあります。

ただし、ローンの借り換えには手数料など色々な費用がかかりますので、それらも計算に入れた上で検討をする必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事