あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

住宅のローンの計算

住宅のローンの計算についてです。

ローンの中でも借り入れる金額と支払い期間が長いのが住宅ローンです。

金利タイプや頭金の金額、ボーナス時の一括返済額などでも返済計画は変わるので、きちんと計算をしておきましょう。

住宅ローンは銀行や金融機関など様々なところで取り扱っています。

住宅金融支援機構のローンは低金利ですが、借り入れ条件が限定されます。

金利は変動金利と固定金利とがあり、どちらを選ぶかによってローン計算も影響を受けます。

固定金利も5年や10年とでは違います。

どんな金利方式で融資を受けるか判断するためには、それぞれのケース毎に計算する必要があります。

各金融会社によって金利は異なっているため、それらの情報と合わせて計算をしましょう。

貸付条件の違いがわずかなものでも、住宅ローンは借入金額自体が大きいので、かなりの差が開くことがあります。

経済情勢の変動によって、金利条件が変わってしまう可能性も折り込む必要があります。

現時点の経済情勢だけでなく、この先の景気はどのように推移するかという予測によっても金利は異なってきます。

景気による景気の変化や長期にわたる返済の見通しなど、ローン計算は大変だと思う方もいます。

住宅ローンの場合は、トータルで見たら、何百万円という単位で支払う金額の差が出てきます。

完済までを滞りなく済ませるには、ローンの借り入れ前に条件を理解し計算を十分に行っておくことが大事なことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事