あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

飲む育毛剤の注意点

副作用が起きにくいことも、飲む育毛剤であるプロペシアの特徴の一つだといえます。

ですが約2%の人に性欲減退、精子の減少、勃起不全といった症状が認められましたので、副作用が全くないというわけではないのです。

プロペシアを飲むことを中断することで、さまざまな症状は治まっていくといわれています。

起きにくいとされている重篤な副作用ですが、肝機能障害が起きる可能性が人によってはあるといわれています。

安全に扱える飲む育毛剤のプロペシアですが、未成年と女性が飲むことはできません。

妊婦は特にプロペシアに直接触れるだけでも、悪影響が胎児に出る可能性があります。

重々扱いには注意が必要でしょう。

プロペシアは飲む育毛剤として高い評価を得ていますが、飲み始めてすぐに効果が出る育毛剤ではありません。

じっくり半年から1年は育毛剤を飲み続け、育毛の効果が出るまで待ちましょう。

中でも初期脱毛といって、抜け毛が最初の頃は逆に多くなる場合があるようです。

万が一そうなっても、自己判断で育毛剤を飲むことをやめてしまわないで、その時点では心配しないようにしましょう。

ひとつ懸念されているのが、プロペシアには耐性の問題があることです。

日本の万有製薬や開発元のメルク社などは公式なアナウンスを、プロペシアの耐性については出してはいないそうです。

飲む育毛剤の耐性の可能性を喚起している、何人かの使用者がいるのも事実です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事