あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

不動産担保ローンの特徴

ローンを利用する際に不動産担保を入れることを不動産担保ローンと呼びます。

ローンは貸付条件や返済の形など多様なものがありますが、不動産担保ローンは希望する利用限度額が高額になる人が、確実に融資を受けるために使うものといえます。

借入人が名義の不動産を担保に入れることで、不動産担保ローンを利用することができるようになります。

返済が困難な状況になった場合でも、不動産担保ローンは担保の不動産を金融会社は差し押さえることができます。

他の無担保ローンに比べて、金融機関は安心して大きい金額でも融資してくれるのです。

貸付側のリスクを減らすことができる点が不動産担保ローンの特徴です。

無担保ローンに比べると金利が安いといった特徴もあります。

担保として利用する不動産の評価額によって、不動産担保ローンの利用限度額は左右されます。

一億円以上のお金を借りることもできます。

元手を増やすために積極的に投資を行いたいという人や、事業を拡大するための足がかりが欲しいという人が利用するようです。

個人としての融資でも不動産担保ローンは、金利5%~10%程度と比較的低めに設定されていることが多いようです。

不動産担保ローンは無担保ローンと比べると返済の負担はより少なくすみます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事