あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

不動産担保ローンのメリットとデメリット

会社でなくても、不動産担保ローンの利用は可能です。

経営者や事業主に対しても、用途に関係なく、積極的に活用できる面では実に汎用性が高いローンでもあります。

これから事業を展開していきたい経営者の場合、まだ企業としての実績が浅かったりします。

今のところ業績があまりよくないと、融資の審査が通らないこともよくあります。

不動産担保の存在によってより高額の融資が受けられたり、通らなかった審査に通るようになることもあります。

担保となる不動産の名義を確認することさえきちんとできれば、不動産担保ローンは時間をかけずに審査を受けることが可能です。

このような特性があるために、不動産担保ローンはすぐに資金の調達を必要としている時のつなぎなどに役に立ちます。

不動産担保ローンは、担保に応じてかなりの金額を長期間にわたって低金利で融資してもらえるメリットもあります。

担保に使える不動産が、本人ではなく親であっても融資ができるという不動産担保ローンも存在します。

金融会社に相談をすることで、不動産を所有していない人でも融資の可能性がある場合もあります。

ただし、不動産担保ローンは読んで字の如く担保に不動産を使いのますので、何らかの事情で返済が不能に陥ると不動産は差し押さえられてしまいます。

貸付条件は担保の種類や不動産の内容によっても異なります。

どんな条件で不動産担保ローンを利用するか、よく調べてから使うようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事