あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

脱毛症の治療薬

脱毛症対策にかつらを使う人は多いようですが、かつら以外の方法で頭髪を増量するという人もいます。

頭髪を多く見せるため、まだ生えている毛に人工的な毛を足すという増毛法が盛んに行われています。

この方法は、自前の毛が伸びることで人工の毛の位置が変わりますので、こまめにメンテナンスをしなければなりません。

自分の髪の毛が抜けてしまえば、くっつけていた人工の毛も一緒に抜けてしまうデメリットもあります。

あいにく、脱毛症への解決策は、そう簡単に見つけられるものではありません。

脱毛症を医学的に改善する方法と言えば、やはり治療薬の存在かもしれません。

脱毛症の症状を治療できるとされる薬が販売されるほど、ここ数年の医学は飛躍的な進歩を遂げているとされています。

最近よくテレビなどでも宣伝しているリアップなどの育毛剤です。

成分にミノキシジルを用いたものは、薄毛に対する治療効果があるものとして、ある程度は周知されています。

確かな脱毛症の治療薬として位置づけられているわけではなく、あくまでも薄毛の改善が目的です。

発毛や育毛に対しては、やや確実性に乏しい点もあります。

繰り返し使うことで今まで薄くなってきた部分にも、徐々に髪の毛が増えてくると言われています。

医療機関で、脱毛症対策として用いられている医薬品の中にはねフィナステリドという物体もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事