あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

男性の脱毛症

たくさんの男性が、まだ若い頃から脱毛症を気にしています。

ホルモンバランスの関わりにより、男性の頭髪は女性より少なく、体毛が多くなりがちです。

ホルモンの影響そのものは一般的なものです。

加齢とともに髪が薄くなっていくことも、体質や遺伝によるものなのでなかなか予防や治療ができない面もあります。

また、若くして脱毛症になったという方も増えているようです。

部分的に髪が生えてこなくなる円形脱毛症はストレスなども大きく関係しています。

早めに医療機関で診察を受けることも、脱毛症にはいいようです。

男性が、年齢を重ねることで頭頂部の髪が減ったり、前髪の量が減ってしまうのは、誰にでもある普通のことです。

医学的には、老人性脱毛症といい、頭全体や全身の毛が次第に少なくなっていきます。

薬などの副作用で脱毛症になる場合もあります。

一部の抗がん剤はいい例で、投薬をやめれば髪もまた生え始めます。

脱毛症が年若い頃から出ると、周囲の目を気にしたり髪の抜けた部分のカムフラージュを考えたりと気になりがちです。

脱毛症になって頭髪は見苦しいものであるという印象を、特にアジアの人は欧米に比べて強く抱いているそうで、そのことも問題を深刻にしています。

脱毛症を気にする人が多い国民性からか、日本では脱毛症対策となる商売やサービスにとても熱心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事